家族葬を行うにあたって気をつけるポイントとは

家族葬は基本的に自由なスタイルで行えることが特長で、遠方のほとんど付き合いがない親戚が多い方などは、交流のあるごく身近な親族だけを呼ぶといったことも可能です。しかし、呼ぶ人も自由に決めることができるだけに、後々呼ばれなかった人から何故呼んでもらえなかったのかを問い詰められる場合もあります。こういったトラブルをなるべく避けるためにも、会葬ではなくて家族葬を行うということを直接お伝えしましょう。その際血縁関係の順位に沿って喪主が連絡するのが一般的ではありますが、喪主が高齢の場合などはその御子息でも構いません。相手に失礼がないように事前に段取りを決めておくことが大切です。

また、会社関係の方やご近所の方を呼ばない分香典が少ないということになりますので、費用を抑えたつもりでも結果として会葬よりも高くなるといった場合もあります。他にも、お葬式に呼んでいない人から香典をいただく可能性もありますし、自宅に弔問に来る方が想定していた人数よりも多い可能性もあります。こういったケースもあるということを頭に入れておいた上で計画を立てるように心がけましょう。

他にも、不幸があったことを周囲の人に知られたくないと思っていても寝台車が停まったり葬儀会社のスタッフの方が自宅に出入りすることによって自然とご近所に知れ渡る場合も考えられます。どうしても知られたくない場合などは、故人を自宅以外の場所に安置するなど、事前に打ち合わせしておきましょう。地域によっては訃報を出すにあたって文書が必要なケースもありますので、役員さんなどにきちんと確認しておかなくてはなりません。その際、お葬式は家族葬にて行うことや香典は受け取らないといったことを明確に記しておきましょう。

家族葬はごく親しい人だけが集まるので、会葬と比較するとより一層故人を身近に感じながら心温まるお葬式を行うことが可能ではありますが、一方で念入りな準備が必要ですし想定外の出費も有り得るということを頭に入れておきましょう。